--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第68回:バイオハザード3

2007年11月05日 11:37

バイオハザード3
月日の経つのは早いもので、上映終了ギリギリで観た『トランスフォーマー』のレビューも上げられないでいる内に、とうとう待ちに待ってたこの映画が公開されてしまいました。
もちろん、公開日にTOHOシネマズ二条に吹っ飛んで行きましたとも。
おまけに、レイトショー、ナイトショーと、立て続けに2回も観て参りました。
さすがは京都の中心部にほど近いシネコンだけあって、そんな時間帯なのに2回とも満席。あんなに人の多い映画は、久しぶりに観た様な気がします。

ネタばれ度:星星星星(灰)星(灰)


あらすじ
ラクーンシティの惨劇から数年後。
世界は、T-ウィルスの蔓延を防ぐ事が出来ず、荒廃の挙げ句砂漠化し、アンデッドに蹂躙されていた。
アリス計画を始動させたアイザックス博士は、アリスのクローンを利用し、実験を繰り返していた。しかし中々成果は上がらず、ウェスカー議長に厳しい言葉を浴びせられる。オリジナルのアリスさえ居れば…と、焦燥を強くする博士。
そのアリスは、アンブレラの追跡を振り切り、カルロスやジルとも別れて単独で行動していた。アンブレラが自分に何をしたのか判らないままでは、彼等と行動を共に出来ない…。それほどに彼女の能力は、日に日に強さを増していたのだ。
だがある日、アリスは、クレア・レッドフィールド率いる武装車団に合流し、そこに居たカルロスと再会する。
旅の途中で見つけた「アラスカは汚染されていないらしい」という情報をクレアに伝え、アラスカまでの燃料調達の為、ラスベガスを目指す一行。
しかしアイザックス博士もやっとアリスの居場所を補足し、研究の末に作り上げたハイパー・アンデッドを投入して、アリスを待ち構えていたのだった……。

評価:星星星星星(灰)

[ 続きを読む >> ]
スポンサーサイト

第46回:エイリアンVS.プレデター

2004年12月26日 06:27

エイリアンVSプレデター
やっっっっっと、観る事が出来ました。
数年くらい、わくわくしながら待っていましたが、先週のレディースデイには、仕事の折り合いがつかなかったのと、クルマのタイヤをスタッドレスに換えてなかったのとで、断念してしまいました。
が、やっと、観る事が出来ました。
感無量♪

ネタばれ度:大概あてにならんという自覚があるんで、今回からバレあり感想とバレなし感想で書いて行こうと思います。


この作品を観た理由
エイリアンプレデターも大好きだし、監督がポール・アンダーソンだから。


あらすじ
巨大企業ウェイランド社の人工衛星が、南極で、謎の熱源を観測した。発生地を調べると、そこには、地球上の歴史を覆しかねない古代遺跡があるらしいと判明。社長のチャールズ・ビショップ・ウェイランド(ランス・ヘンリクセン)は、酷寒地探索の専門家レックス(サナ・レイサン)、考古学者セバスチャン(ラウル・ボヴァ)など、各分野の専門家を結集させて、さらに詳しい調査を行なうべく南極に向かう。
しかしそこは、100年前に、一夜にして全員が姿を消したという捕鯨基地のある、不吉な場所だった......。

評価:星星星星星

[ 続きを読む >> ]

第2回:バイオハザード2 アポカリプス

2004年09月29日 06:23

bio2_1.jpg
第2回目は、『バイオハザード2』でございます。
ワタシ、劇場に足を運んだのは、『T2』以来ですから、かれこれ10年ぶりに映画を観に行った事になります。
映画はDVDでゆっくり観る方が好きなもんで。
これも、一刻も早く観たい!と思わしめた前作の素晴らしさの功労、と言えるでしょう。
ネタばれは、公式サイトをご覧になった方ならご存知、という程度におさえてレビュー書こうと思います。

ネタばれ度:星星(灰)星(灰)星(灰)星(灰)


この作品を観た理由
前作が非常に面白かったから。

評価:星星星星星
[ 続きを読む >> ]

第1回:バイオハザード

2004年09月29日 06:21

bio1_1.jpg

栄えある第1回目は、今、一番のお気に入り、『バイオハザード』です。

ネタばれ度:星星(灰)星(灰)星(灰)星(灰)
この作品を観た理由
ゲームの方の大ファンだったから。


あらすじ
とある巨大企業、アンブレラ・コーポレーション。
その社屋内で、何者かが突然、社員全員を惨殺しはじめた。徹底的に殺される社員たち。一体なぜ...?
舞台変わって豪華な洋館のシャワールームで倒れていた、全裸の美しい女性。彼女は、記憶を失っている様だ。自分が何故こんな場所にいるのかも思い出せない女性の前に、突如ものものしい装備の兵隊たちが現れる。うろたえる彼女に、兵士が言う。
「報告せよ、隊員」
どうやら彼女は、彼らの仲間であったらしい。彼女の混乱も意に介さず、兵士たちは彼女を伴ったまま、作戦行動に入る。それが恐ろしい事件の幕開けになるとも知らずに......


評価:星星星星星
[ 続きを読む >> ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。