--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回:遊星からの物体X

2004年10月10日 04:49

遊星からの物体X
新しい映画が続いたので、そろそろ古い作品にも注目しましょう。
という事で、まずはワタシの大好きな、ジョン・カーペンター監督の、大ヒット作品をチョイス♪

ネタばれ度:星星星星星


この作品を観た理由
大昔、雑誌のレビューで読んで、面白そうだと思っていた。
大学時代にレンタルビデオで初めて観て、すっかり大ファンに。
以降、カーペンター監督作品にどっぷりハマる事となる。

評価:星星星星星
[ 続きを読む >> ]
スポンサーサイト

第43回:エイリアン

2004年12月18日 07:55

エイリアン
本日から『エイリアンVSプレデター』が公開です♪
楽しみにしていた映画なんで、それを記念して、この作品をチョイス♪

ネタばれ度:星星星星星


この作品を観た理由
公開当時、SFなのに怖い、というのは、斬新だったという記憶があります。SFって、夢があって楽しい映画だと思ってたから。すっごく観たかったんだけど、親が連れてってくれなかった......。


あらすじ
宇宙を航行していた貨物船ノストロモ号は、謎のSOSを受信。発信源の星に着陸し、調査に向かう。が、調査に向かった乗組員は、顔に不気味な生物を貼り付けた姿で昏倒してしまう。その生物を剥がそうとするが、どうしても剥がす事が出来ない。切除しようにも、生物の体液が強力な酸だった為、不可能だったのだ。
しかししばらくすると、その生物は自然に剥がれて死に、昏睡していた乗組員も意識を取り戻した。
安心した一同だが、張り付かれていた乗組員が突然苦しみだし、その胸を突き破って、謎の生物が飛び出した!生物は、脱皮して人間の体内に寄生していたのだ......。
恐ろしい未知の異星人を、船内に放ったかたちになってしまったノストロモ号は、無事に生還できるのか......!

評価:星星星星星
[ 続きを読む >> ]

第44回:プレデター

2004年12月19日 11:13

プレデター
さて、今回も『エイリアンVSプレデター』公開を記念して、チョイス。

ネタばれ度:星星星星星


この作品を観た理由
アーノルド・シュワルツェネッガーが出てるから。


あらすじ
ダッチ・シェイファー少佐(シュワちゃん)率いる特殊救出部隊は、CIAの依頼を受けて、とあるジャングルのゲリラ基地にて捕虜となった政府要人を救出に向かう。
だが、ジャングル内で、いる筈のない米軍の痕跡を見つけたり、人間技とは思えぬ方法で殺害された兵士を発見したり、と、どうもただの救出作戦ではない様相を呈してくる。
やがて発見したゲリラ基地。作戦通り基地を制圧し、撤収に入った部隊は、何者かの奇襲を受けた。それは、姿の見えない何かだった!

評価:星星星星星

[ 続きを読む >> ]

第46回:エイリアンVS.プレデター

2004年12月26日 06:27

エイリアンVSプレデター
やっっっっっと、観る事が出来ました。
数年くらい、わくわくしながら待っていましたが、先週のレディースデイには、仕事の折り合いがつかなかったのと、クルマのタイヤをスタッドレスに換えてなかったのとで、断念してしまいました。
が、やっと、観る事が出来ました。
感無量♪

ネタばれ度:大概あてにならんという自覚があるんで、今回からバレあり感想とバレなし感想で書いて行こうと思います。


この作品を観た理由
エイリアンプレデターも大好きだし、監督がポール・アンダーソンだから。


あらすじ
巨大企業ウェイランド社の人工衛星が、南極で、謎の熱源を観測した。発生地を調べると、そこには、地球上の歴史を覆しかねない古代遺跡があるらしいと判明。社長のチャールズ・ビショップ・ウェイランド(ランス・ヘンリクセン)は、酷寒地探索の専門家レックス(サナ・レイサン)、考古学者セバスチャン(ラウル・ボヴァ)など、各分野の専門家を結集させて、さらに詳しい調査を行なうべく南極に向かう。
しかしそこは、100年前に、一夜にして全員が姿を消したという捕鯨基地のある、不吉な場所だった......。

評価:星星星星星

[ 続きを読む >> ]

第57回:プラン9・フロム・アウタースペース

2005年01月29日 07:41

プラン9・フロム・アウタースペース
さて、何故か再びクズ映画鑑賞記に戻る「映画がワタシをダメにする」です。
今回は、『死霊の盆踊り』でワタシを悶絶死寸前にまで追い込んだ、エドワード・D・ウッド・Jr(エド・ウッド)のこの作品。

この作品を観た理由
最低最悪にツマラない、と聞いていたから、それを確かめたくて。


あらすじ
え~......っと。
宇宙人が、地球人に自分たちの存在を知らしめる為に、彼らが「プラン9」と呼んでいる作戦を実行。
それは、死者を蘇らせ、人間を襲わせる事だった。
そんなお話の様です。

評価:星(灰)星(灰)星(灰)星(灰)星(灰)

[ 続きを読む >> ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。