--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第63回:フォーン・ブース

2005年06月21日 08:14

フォーン・ブース
ワタシが最近、気になる俳優のひとり、コリン・ファレル
という訳で、この映画をチョイス♪


この作品を観た理由
コリン・ファレルが出てるから。


あらすじ
多忙を極めるパブリシスト、ステュアート。アシスタントの青年を従えて、複数の携帯電話であちこちと連絡を取りながら、タイムズスクエアを闊歩していた。やがて彼はアシスタントと別れると、結婚指輪を外して公衆電話に入った。浮気相手の新人女優に電話をかけるのだ......。
電話を終えた時、なぜか公衆電話のベルが鳴る。軽い気持ちで出てしまったステュアート。
それが、恐怖の始まりであった......!

評価:星星星星星(灰)



作品情報
邦題フォーン・ブース
原題PHONE BOOTH
監督ジョエル・シューマカー
製作デヴィット・ザッカー ギル・ネッター
脚本ラリー・コーエン
出演コリン・ファレル フォレスト・ウィテカー 他
製作国アメリカ
製作年2002年
ジャンルサスペンス



感想1(バレなし):
物語が、公衆電話ボックスとその周辺という、究極のソリッド・シチュエーション・ムービー。
それなのに、単調さを感じないのは凄いです。


感想2(バレなし):
ワタシがコリン・ファレルを好きになったのは『デアデビル』のブルズアイ役から。その後『S.W.A.T』で、正義感溢れる熱血男を演じて、色んな役が出来る人なんだなぁと感心しまして、で、これ。
見栄っ張りの、鼻持ちならない男の役ですが、電話ボックスに閉じ込められて恐怖に曝される姿は、観ていてホントウに可哀想。
長回しの台詞も、情感たっぷりに演じてて、演技力のある人だと実感。
今後の活躍も要チェックです。


......っという事で、今回はちょっと、リハビリも兼ねて、取り敢えず、観た映画の備忘録的にレビューを書いてみました。

はぅ...面白い映画もクズ映画も、もっともっと観たいぞ~...。
今ワタシが一番欲しいのは、「時間」ですぅ~~...。



トレーラー





FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。










コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/113-dc621ed4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。