--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回:バイオハザード

2004年09月29日 06:21

bio1_1.jpg

栄えある第1回目は、今、一番のお気に入り、『バイオハザード』です。

ネタばれ度:星星(灰)星(灰)星(灰)星(灰)
この作品を観た理由
ゲームの方の大ファンだったから。


あらすじ
とある巨大企業、アンブレラ・コーポレーション。
その社屋内で、何者かが突然、社員全員を惨殺しはじめた。徹底的に殺される社員たち。一体なぜ...?
舞台変わって豪華な洋館のシャワールームで倒れていた、全裸の美しい女性。彼女は、記憶を失っている様だ。自分が何故こんな場所にいるのかも思い出せない女性の前に、突如ものものしい装備の兵隊たちが現れる。うろたえる彼女に、兵士が言う。
「報告せよ、隊員」
どうやら彼女は、彼らの仲間であったらしい。彼女の混乱も意に介さず、兵士たちは彼女を伴ったまま、作戦行動に入る。それが恐ろしい事件の幕開けになるとも知らずに......


評価:星星星星星

作品情報
邦題バイオハザード
原題Resident Evil
製作年2000年
製作国アメリカ・ドイツ・イギリス合作
監督ポール・W・S・アンダーソン
脚本ポール・W・S・アンダーソン
出演ミラ・ジョヴォヴィッチ ミシェル・ロドリゲス 他
ジャンルSFホラー


感想1:
とにかく、画面の色調がとても綺麗。
全体的に無機質で冷たい印象を与える建物の中で、主演のミラ・ジョヴォヴィッチの着ている赤いドレスが、映える事映える事。

また、演出も優れていて、サバイバルの中で、ヒロインがあんな露出度の高いドレスを着ている事も、不自然ではない話の流れになっている素晴らしさ。
ミラ・ジョヴォヴィッチの役どころは、記憶喪失の女性という設定ですが、彼女が記憶喪失である事を観客に知らしめる演出にも、思わず唸ってしまいました。

一応ホラーに分類される映画ですが、スプラッタ度は低いです。
残虐シーンはあるものの、流血表現は押さえ気味で上品な感じ。
ホラーはキライじゃないけど、スプラッタは......という方も、安心して見られると思います。


感想2:
ミラ・ジョヴォヴィッチがカッコイイ!
会社のインターンちゃんが、「強過ぎて、あり得へんと思って、途中で白けた」と言っていたんですが、それは彼女が記憶を失っていても、カラダに染み付いていた格闘技術が咄嗟に出た、という事だと解釈すればOKだし、ゾンビの弱点を知らないうちから銃弾1発でゾンビを倒していたのは、いかに彼女が優れた兵士だったのか、という事を表現しているんだと思うんです。
......というか、一撃必殺の、容赦ない兵士だった訳ですね。
こっわ~~~。

その反面、数回見せる泣き顔がとても弱々しくて悲しそうで、思わず抱きしめてしまいたくなるくらい可愛い。
このギャップが、よりヒロインを魅力的にしていたと思います。

ヒロインといえば、女兵士レイン役の、ミシェル・ロドリゲスも、タフでクールで、とてもかっこよかった。
『エイリアン2』のバスクェスを連想したのは、ワタシだけでしょうか。
ミシェル・ロドリゲス主演の『ガールファイト』は未見ですが、是非観なくては、と思わせるかっこよさでした。
『S.W.A.T』では今イチ、活躍してなくて『バイオハザード』よりも更に脇役扱いっぽかったもんなぁ......


感想3:
ゾンビが素敵。
撃たれるゾンビの様子が、攻撃力の高い武器で撃たれたという事を表現し、また、痛覚や理性がないというのがとてもよく分かる倒れ方をするのです。
これはもう、ゾンビ役のエキストラの皆さんの熱演のお陰です。
また、今まで観たゾンビ映画のゾンビとは違う、ギラギラ光る目が非常に印象的で、明らかに人間ならざるものに変化してしまったんだ、という事を思い知らせてくれます。
ゾンビに包囲されて戦うシーンは、ゾンビ達に注目していただきたいです。


感想4:
監督の、ゲームへの愛がたっぷり!
ゲームファンなら、思わず「あ」と声の出る様なシーンが、随所に散りばめられていて、嬉しくなります。
その中でもダントツで嬉しかったのは、リッカーの登場シーンですね。

リッカー登場!ゲーム「バイオハザード2」で初めて出てきたモンスターで、攻撃力も高かったので、本当にイヤなヤツでした。
リッカーは、音に反応して襲って来るので、リッカーがいると分かった場所では、足音を立てない様に、すり足で歩いたりしたもんです......。
リッカー独特の「ハアァァァ~~......」という息遣いから、ワタシと旦那は「ハア」というあだ名をつけ、嫌っていました。
映画でリッカーが登場したこのシーンでは、ワタシも旦那も思わず「ハアや!」と声を上げてしまいました。

で、この映画が、ゲームを知らない人には何が何だか分からない作品かといえば、答えはNo。
なぜバイオハザードが起こってしまったのか、という謎、漏れたウイルスはどんなものなのか、という謎を、主人公たちが解明していくストーリーは、サスペンス性に富んでいるし、展開もスリリングかつスピーディ。
ゲームを知らない事は、全然問題にならないと思います。


感想5:
そしてそして、ワタシが一番この映画で感動したのは、なんと言っても実写版ケルベロス!

ケルベロス登場!ゲームの全てのシリーズにおいて、序盤から登場するゾンビ犬ケルベロス。
動きが変則的だし飛び掛ってくるし、こいつにとどめ刺される時は首噛まれて振り回されて死んで、とてもブルーになるし......。
そんなケルベロスを、この映画では、実際のドーベルマンに特殊メイクを施して登場させました。
なんかイッパイ着けられた体…メイキングでは、犬への特殊メイク担当者が、「苦労しました。だって、メイクを舐めて取ってしまうんです」と話してまして、ワタシは思わず「当たり前やん!」と突っ込んでしまったのですが、その画面、メイクされながら、とても困った顔をしていたドーベルマンちゃんが、すごくキュートで大笑いしました。

ゾンビ犬、突撃!その苦労が実ったと言える、ケルベロスが襲って来る迫力のシーン。
それでなくても見た目のコワいドーベルマンが、気味の悪い姿になって殺る気まんまんで疾走して来る......。
想像しただけで恐ろしいこのシーンは、本物の犬を使ってこそ、表現できたと思います。
気持ち悪さに耐えて演技してくれた、ドーベルマンちゃん達に、拍手っ!
ゾンビ犬包囲網ケルベロスに包囲されるこのシーン、とことこと歩いてくるドーベルマンの様子が、トレーナーさんに呼ばれて途中で止まらされた、というのが伺えて、とても可愛いです。
ちょっと首をかしげている犬もいて、姿は気持ち悪いけど、ホントはその目は、「なになに?ご主人さま!」と可愛くきらめいてるんだろうな、と思うと......犬好きにはたまりません。


......っと、書き続けていると、延々書いてしまいそう。

それくらい、お気に入りの映画、おススメです♪


トレーラー





FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。





3作まとめてのご購入なら、こちらの方がおトクかも…♪





コメント

  1. 喜八 | URL | 79D/WHSg

    こんにちは~。
    トラックバックを送らせていただきました。
    記事の中にリンクも張らせてもらっています~。

  2. yohko | URL | 79D/WHSg

    >喜八さん
    ありがとございマス。
    喜八さんのエントリー、面白かったです。
    なるほど、そういう裏話があった訳ですね。

  3. | URL | 79D/WHSg

    バイオシリーズぶっ通しでやった自分に言わせれば。「2はもういいや」って感じでした。
    映画的要素は充実してたにせよ、なんとなくパクリだった感が抜けません。
    バイオ全作やってストーリー完全理解してるファンにとってはかなり「え?」ってな物だったと思います。
    まず頭が欠損してんのに歩けるゾンビなんかいないって話です。
    じゃぁ「頭を狙え!」って意味ないじゃないですか。
    しかもゾンビは道具持ちません。
    次にリッカーですけど。
    アレはゾンビが進化した生物でアレ以上は異様に進化しないし、大体ハンターとリッカーは別物です。
    実験生物でもないので、カプセルに入ってることなどありえません。
    ここでハンターはないがしろになっていて可哀そうです。
    本当の実験生物はハンターの方です。
    しかも目が見えないため、音が聞こえた方を警戒する動きがまるで無い。
    たんなる化け物に成り下がってます。
    しかも感染経路が異常です。初めに空気感染したのなら噛まれたり引っかかれたりしなくても感染するはずです。
    それから捕食シーンがなさ過ぎです。
    私から言わせれば、この映画はバイオハザードではなく。
    たんなる化け物映画です。
    バイオハザードである意味がないです。

  4. yohko | URL | 79D/WHSg

    >Kさん
    ワタシも、ゲームの方の大ファンですが、
    ワタシ的にはめちゃ、合格点でしたよん。
    突っ込みどころが満載なのは、まぁ、ホラー映画の
    常、と申しましょうか。
    確かに、ハンターが出なかったのは残念でしたが、
    代わりにあんなすごいケルベロスを見られたので、
    大満足でした♪

  5. ぶー子 | URL | 79D/WHSg

    わたしは、レイン(ミシェル・ロドリゲス)が、
    大好きです!!(レインのほうの・・・)写真がいっぱいのってるホームページ知ってたら、
    是非是非教えてください!!

  6. yohko | URL | 79D/WHSg

    http://www.google.co.jp/imghp
    で、「ミシェル・ロドリゲス」で検索したら、
    いっぱい出て来るかもです。
    それはそうと、主演のミラ・ジョボヴィッチの方、
    この映画が公開された当時は、ぐぐれどもぐぐれども
    まともに洋服着てる画像がヒットしなかったそうです。
    すごいですね!

  7. ブー子 | URL | 79D/WHSg

    本当に、いっぱいでました!!
    ありがとうございました!

  8. ブー子 | URL | 79D/WHSg

    あっ!!でも、まだまだ調べてるんで(?)
    よろしくお願いします。

  9. yohko | URL | 79D/WHSg

    えっと、ぶっちゃけ、ワタシもミシェル・ロドリゲスの
    画像がイッパイあるサイトは知りません!
    ごめんなさい!
    ちなみにココが
    http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=299857
    ミシェル・ロドリゲスの出演作品のリストです。
    前回コメントしたURLで、作品名で検索すれば、
    もっといろいろ出て来るかもです。
    では、よろしくお願いします!

  10. ブー子 | URL | 79D/WHSg

    いえいえ。それより、バイオハザードって、どういう意味なんですか??

  11. yohko | URL | 79D/WHSg

    辞書を引いてみましょーw
    http://dictionary.goo.ne.jp/index.html
    とかどうでしょう。

  12. ブー子 | URL | 79D/WHSg

    映画の内容そのまんまでした・・・

  13. ブー子 | URL | 79D/WHSg

    昨日、バイオハザードのDVD見ました(^_^)
    久しぶりにハラハラドキドキしました!!
    本より、だいぶカットしてありますよね・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/130-f66c5801
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。