--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回:遊星からの物体X

2004年10月10日 04:49

遊星からの物体X
新しい映画が続いたので、そろそろ古い作品にも注目しましょう。
という事で、まずはワタシの大好きな、ジョン・カーペンター監督の、大ヒット作品をチョイス♪

ネタばれ度:星星星星星


この作品を観た理由
大昔、雑誌のレビューで読んで、面白そうだと思っていた。
大学時代にレンタルビデオで初めて観て、すっかり大ファンに。
以降、カーペンター監督作品にどっぷりハマる事となる。

評価:星星星星星

南極のアメリカ観測基地。
ヘリコプターから銃撃されながら、1頭のが逃げて来た。ヘリの乗組員はかなり錯乱し、無差別に銃を乱射した為、観測隊メンバーはやむなく彼を射殺。追われていたを保護する。
しかし、そのには、想像を絶する生物が寄生していたのだ......


詳細情報
邦題遊星からの物体X
原題The Thing
製作国アメリカ
初公開年1982年
監督ジョン・カーペンター
脚本ビル・ランカスター
出演カート・ラッセル キース・デビット 他
ジャンルSFホラー



感想1:
この映画中、秀逸なのは、閉塞感と緊張感。
を宿主にして入り込んだ謎の生物は、アメリカ観測隊のメンバーをひとり、またひとりとその餌食にしていきます。しかし、人間には、誰が寄生されているのかも分からないし、ヘリコプターや雪上車を破壊された為に、基地を脱出する事も出来ない。
場所は冬の南極ですから、気軽に出て行く事も出来ず、それぞれがそれぞれを「既に人間じゃないのではないか」と疑いながら暮らすしかないのです。
そういう状況で増幅される恐怖心、緊張感が、とてもよく表現されていました。


感想2:
クリーチャーが最高っ!
最近の映画みたいに、CGで作ったりは出来ない時代の映画です。その中で、あそこまでグロテスクなクリーチャーを創り上げたのは、本当に素晴らしい。
「カラダ全体が生きている」と作中で表現される通り、謎の生物はどんな姿になっても生き延びようとして蠢くのです。その様子は、時に笑ってしまうくらい滑稽で、でもグロテスクで、恐ろしい上にすっごく臭そう!ニオイを想像すると、鼻にぎゅうぎゅうと皺が寄ってしまいます。
このクリーチャーたちを観るだけでも、価値があると思います。

あと、マクレディ(カート・ラッセル)が思いついた、人間と生物との見分け方を実行するシーンは、何度観ても飛び上がってしまいます。
ワタシはあんまり、ホラー映画とかでカラダがびくんっとするくらい驚く方ではないんですが、それでもこの映画のこのシーンでは、飛び上がってしまうんです。
そのシーンの緊張感が、いかに高いかという事の証明だと思います。


感想3:
ワタシが何故、ジョン・カーペンター監督作品が好きなのか......
それはワタシにもちょっとよく分かりません。
ただ何と言うのか......俳優たちは一生懸命演じているんだろうけど、観ているこっちは思わず笑ってしまう......それも突っ込み付きで......という、間の抜けたトコロ...これがとても好きなような気がしています。
そう、間抜けなトコロが、なんかワタシの壺にハマるんです。

カーペンター作品にしては、そういう突っ込みどころの少ないこの映画ですが、ただひとつ、ワタシの爆笑を誘ったシーンがありました。
生物は、寄生した人間を利用して、南極からの脱出を企てていました。より多くの人間に寄生する為でしょう。
その為に生物は、こっそり乗り物を作っていたのですが、この乗り物が。(爆)
可愛らしいUFO。
思わず「小っちぇえ!」と叫んでしまいます。どう見ても、寄生している人間一人すら入れそうもない。
ヘリの部品をこっそり盗んで組み立てたってアナタ...(爆笑)
そのUFOを前に、マクレディたちが「どこへ行く気なんだ...」「南極じゃない場所だろう...」と呆然と呟くのが、また笑いを誘います。
ワタシがマクレディだったら「これ絶対飛べませんから!残念っ!」と断言する事でしょう。


感想4:
ワタシは、動物大好き。
なので、映画の中の動物には、やっぱり目が向いてしまうのですが、この映画、最初にアメリカ基地に生物の恐怖をもたらすが、素晴らしい演技を見せてくれます。

走る犬。冒頭、ヘリに追われ、ひた走る犬。
「何故犬を?!」と、物語に引き込まれるシーン。
一生懸命に走る姿が、力強くて美しいです。


助けてだワン!ヘリの爆音、銃の音を聞いて外に出てきたアメリカ観測基地の面々。
彼らに嬉しそうに飛び付く犬。...でかい。


コワい顔…「助けて助けて」と懇願する犬。
顔を舐めて、普通の無邪気な犬である事をアピールします。


抜き足差し足…最初の餌食を求めて、徘徊する犬。
隊員たちが各々の部屋に引き取って静まり返った基地内を、ゆっくり歩きます。


獲物の気配…方向転換をして、牙を剥き出します。
口を開けているのに、ハァハァという犬お馴染みの動作をしません。


目標、補足その様子が、とても不気味。
長回しなのに、見事になんか気味の悪い犬だな、と思わせる演技をしています。


睨み据える犬…ヘリコプターはノルウェイ基地のものだったので、マクレディたちはノルウェイ基地を調べに行きますが、基地は全滅......。一体ノルウェイの隊員に何が起こったのか?
調査から帰って来たマクレディたちを、犬が見つめています。
この表情が秀逸!
一点をひたと見据えて視線を動かさない姿が、犬以上の知能の存在を感じさせます。

やっぱりデカい…犬を犬舎に入れるシーン。


他の犬には目もくれない他の犬には目もくれず、ゆっくり入っておもむろに伏せる。
このシーンが、犬に対する大きな違和感を産みだします。知らない犬の中にいきなり連れて来られて、他の犬に挨拶するでもなく、無言ですっと伏せるなんて、普通の犬には考えられない行動だから。


新入りを見やる犬たちまた、犬舎にいた犬たちも、新入りに構う事なく、気味悪げに見ているだけ。そんな犬たちの様子に、飼育係のクラーク(リチャード・メイサー)もちょっと違和感を覚えた様子......。


ま、この犬種シベリアン・ハスキーは、もともとコワい顔してますから、薄気味悪い怖そうな雰囲気が出しやすいとは思います。
けれども、映画の撮影現場に連れてこられても、興奮せず落ち着いた様子で、堂々としていたのが何だか凄い。シベリアン・ハスキーって、人間に懐きにくく、調教しにくい犬種だと聞いているので、あれだけ演技させたのは素晴らしいと思います。
このわんこの演技なくして、生物の気味悪さは表現しきれなかった事でしょう。
わんこの名演技に拍手っ!


感想5:
カーペンター映画のラストは、ほとんどが「本当にこれで解決したんだろうか...?彼らは報われたんだろうか...?」と思わせるものが多いのですが、この映画はその中でもダントツの後味の悪さです。
本当にあの生物を倒せたのだろうか?
このままの状態で、彼らは助かるんだろうか?
生き残りの隊員たちのうち、まだ人間なのは誰なんだろう?
この後どうなるんだろう?
想像すると、どきどきします。
アナタは、ラストシーンで寄生されている隊員は誰だと思いますか?
ちゃんとヒントが隠されているそうです。
観て、確かめて下さい......


と、言う訳で。
今回は、カーペンター作品の中でも割と万人受けする方の映画をご紹介いたしました。

メイキングを観たら、カーペンター監督が「準備から公開まで、1年かかった映画はこれが初めてだよ」と言っていて、そっちにもワタシは度肝を抜かれました。
どないなペースで映画作ってたんでしょうか......
さすがB級映画の巨匠。
2001年の『ゴースト・オブ・マーズ』以降、ご活躍が聞こえてきませんが、是非これからも、しょうもない映画をバンバン撮り続けていただきたいものです。


トレーラー



FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。



コチラを買うと、『遊星からの物体X』のみならず、『ゴースト・オブ・マーズ』『クリスティーン』『スターマン』『光る眼』『ヴァンパイア:黒の十字架』も一挙にゲット出来ちゃいます♪

こ…これは欲しいっ!
マクレディvs犬モンスターのあの名シーンが、アナタのお部屋でいつでも堪能できちゃう♪
マニアならゼッタイ見逃せませんね!





コメント

  1. LED | URL | 79D/WHSg

    はじめまして、コメントありがとうございました。
    ホラー映画万歳のLEDです。
    ああっ!!凄い事になってる!!
    「犬」最高!!ですよね。
    いやさ、こちらの記事も最高です。
    では、素敵な映画ライフを~。

  2. yohko | URL | 79D/WHSg

    >LEDさま
    コメントありがとうございます。
    ワタシもホラー映画大好きですので、これからどんどんレビューを書いていこうと思ってます。
    また覗いてやってくださいね~

  3. はぎちゃん | URL | 79D/WHSg

    わたしは学生の頃、映画館で見ました。
    婦女子を連れて・・・・。
    人間がこんぐらがって固まってるやつがとろ~ってとける所で、思わず、
    「くさっ」
    とつぶやいてしまいました。
    ほんとにニオッてくる気がしたほど衝撃的でした。

  4. yohko | URL | 79D/WHSg

    >はぎちゃん
    婦女子...おデート?
    ところでカーペンター監督作品のDVD、全部揃いました。
    へっへっへ。
    『ダークスター』もあるよん。
    今度、上映会しようぜぃ!

  5. winos | URL | 79D/WHSg

    お邪魔します。こんばんは。
    この映画とSFボディスナッチャーは、何故か心に残るスペシャルコンビなんです。
    カーペンター作品は、そんなには観ていないのですが、ゼイリブなんて面白かったのか、面白くなかったのか解らないくらい面白かったなあ・・

  6. yohko | URL | 79D/WHSg

    winosさん、こんばんは。
    >面白かったのか、面白くなかったのか解らないくらい面白かったなあ
    素晴らしい......!
    カーペンター作品を、これほど的確に表現してる言葉は、ないのではあるまいか...
    もっともワタシは、そういうトコロを愛しちゃってるんですが(^_^;;;

  7. ちいちび | URL | 79D/WHSg

    こんばんは~
    今夜は 大スキなクリーチャーのこちらへ TBさせていただきました(*^^)v
    楽しいレビューを読んで また 観たくなっちゃいましたぜぃ!

  8. yohko | URL | 79D/WHSg

    ちいちびさん、こんにちは。
    ワタシは、1週間に一度はこのDVDをかけています。
    仕事中のBGM代わりにDVDをかけるのが習慣なもんで。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/135-75d740f2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。