--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回:クライモリ

2004年10月17日 10:59

クライモリ
13日のレディースデイに、「イオンシネマ久御山」で、観て参りましたです。
レディースデイ、いいですね。
女であれば、1,000円で観られるって。
そうでなかったら……暴れていたかも。

今回は、ちょっと酷評になるです……

ネタばれ度:星星星星星
評価:星星(灰)星(灰)星(灰)星(灰)

ウェストヴァージニア州の森林地帯。
面接に向かっていた医学生クリスは、国道の事故渋滞に巻き込まれ、抜け道を求めて森林にクルマを進めるが、脇見運転をしてしまったせいで、パンクして立ち往生していたレンジローバーに突っ込んでしまう。
レンジローバーには、キャンプに来ていた5人の若い男女。
双方のクルマが運転不能になり、携帯電話の電波も届かない場所だった為に、6人は徒歩で助けを求めに行く事にした。
その森が、今まで数々の行方不明者を出している、恐ろしい森だとも知らずに......


詳細情報
邦題クライモリ
原題WRONG TURN
製作国アメリカ/ドイツ
初公開年2004年
監督ロブ・シュミット
脚本アラン・B・マッケルロイ
出演デズモンド・ハリントン エリザ・デュシュク 他
ジャンルスプラッタホラー



感想1:
ワタシ、ホラー映画ばかり観過ぎているんでしょうか。
ぜんっっっぜん怖くなかったです。
まぁ「ホラー界の帝王スティーブン・キング絶賛!」なんて宣伝文句があったし、ワタシ的にはキングの作品って、ちっっっとも怖くないんで、怖がらせてくれるとは思ってなかったんだけど......。
ちょっと、いえ、かなりがっかり。
全てがホラー映画の定石通り、予想通りに進行するので、恐怖シーンでも全然びくっとも出来ませんでした。むしろ「やっぱり」と、くすっと笑ってしまうシーンの方が多かったかも。
ホラー観過ぎの上にひねくれ者?ワタシ......

映画を観ていてびくっとなるのは、物語に引き込まれているからなんだな、と実感。感情移入して観る事が出来なかったから、全然コワくなかったのかも。

殺人鬼の正体が、冒頭でイキナリ判明するのにはちょっとびっくりしましたが、そんなびっくりいらんねん......


感想2:
エッチをしたり団体行動を乱したりする人間から殺されるのは、こういう映画の定石ですが、今回一番最初に殺されたアベックの女の方。
彼女の性格の悪さが面白かったです。
クリスのクルマで食べ物見つけて頬張りながら「こっちにも食料はないわ」とか、「煙草もないわ」と言いながら最後の1本を自分で吸ったり。
面白かったと言えば、樹上の追いかけっこも、観た事ないシチュエーションで、新しく感じました。
そこで殺される女の子の死に方は、ちょっとえげつなかったかな。
途中で現れる、森林警備隊か何かの秒殺っぷりも笑ってしまいましたです。


感想3:
主人公クリス役はデズモンド・ハリントン。
彼が全然善良な人間に見えなくて、それが気になりました。
『ゴーストシップ』のイメージが拭えないし、冷酷そうな顔してるし。
軍役経験あるんじゃないかっつうくらいタフな医学生役でしたが、いつ彼が、他の連中を見殺しにして逃げるか、とか、実は殺人鬼の正体はこいつなんでは、とか、いらん事を考えてしまいました。


感想4:
女性陣の露出度の高さが、妙に気になりました。
あんな深い森の中であんなカッコして、蚊に噛まれたりしないのかな、と、どうでもいい心配をしたりして。

ああいうラストシーンにしたって事は、続編作る気なんでしょうか。
でも、あんな設定の人間を気軽に殺人鬼扱いする映画ってのは、ちょっと...
あっそうか!
そういうところに嫌悪を感じて、面白く感じられなかったのかも!


っという訳で、レビュー書きながら、どうして楽しめなかったのか、という原因に自分で気付いた、という、稀に見るレビューになってしまいました。

ワタシ、つまらない映画が嫌いな訳ではないんです。
でなかったら『サンゲリア』のDVDとか持っていたりする訳ないし、ブライアン・ユズナ監督やスチュアート・ゴードン監督が好きな訳ないじゃないですか。
夫に嫌がられながらも、ジョン・カーペンター監督作品を買い漁る訳ないじゃないですか。
つまらない映画になるんなら、つまらないところが面白い!と思えるくらいじゃないと。

観てよかったよ。
DVDは絶対買わないって決める事出来たし。

そう自分を慰めながらも、帰りの道中、クルマのアクセルをぐいぐい踏み込んでしまうのを、止める事が出来ませんでした......


トレーラー





FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。









コメント

  1. ★★☆☆☆←評価です | URL | 79D/WHSg

    いまいち面白くなかった
    死体は上手に作ってあるとおもうけど、
    ストーリーにのめりこめないのと、
    鬼たちが怖くなかったから、この映画自体が
    まったく怖くなくなってる。

  2. yohko | URL | 79D/WHSg

    ですよねですよね。
    怖くなかったし、面白くもなかった。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/139-25ce5836
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。