--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回:ナイト・オブ・ザ・リビングデッド

2004年11月07日 05:43

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
書き溜めしていたレビューを、がんがん登録してってます。

でもって、ゾンビ映画ファンなら、このシリーズを外しちゃいかんよな、という事で、まずはやっぱりこの映画♪

ネタばれ度:星星星星星
評価:星星星星星

兄のジョニーと共に、父のお墓参りにやって来たバーバラは、突然、男に襲いかかられる。組み付いてバーバラを救おうとするも、墓石で頭を打って失神するジョニー。
必死で逃げるバーバラは、1軒の民家に逃げ込んだ。
やがてその民家に集まってくる人々。
彼らの話によると、あちこちで人が人を襲って食うという事態になっているらしい。
恐ろしい夜の帳が、今、静かに下りてくる......


詳細情報
邦題ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
原題NIGHT OF THE LIVING DEAD
製作国アメリカ
製作年1968年
監督ジョージ・A・ロメロ
脚本ジョン・A・ルッソ
出演ジュディス・オディア デュアン・ジョーンズ 他
ジャンルホラー



感想1:
ゾンビが人間を喰う、という設定が初めて導入されたという、現在のゾンビ映画の草分け的存在のこの映画。
公開された当時は、観客を恐怖のどん底に叩き込んだと思しきこの作品も、今観ると爆笑につぐ爆笑。
何しろ、記念すべきファーストゾンビは、墓地をよろよろ歩いてるただのおっさん。つまらない兄妹喧嘩をするバーバラとジョニーの背景に溶け込んでいたおっさん。これが実はゾンビだった訳ですから、これが爆笑せずにおられるか!ってなもんです。

そんな中、ワタシが衝撃を受けたのは、このファーストゾンビのおっさんが、クルマに逃げ込んだバーバラを襲おうと、石を拾い上げてガラスを殴った事。
ゾンビには知性はなく、道具は使わない、というお約束があるとばかり思ってて、それだけに『VERSUS』の様に、銃撃してくるゾンビを新鮮に感じたんですが、初代は道具使うんやん!
これにはホントにびっくりしました。

あと、そんな時代の映画じゃないのに、モノクロなのは何故だろう、という事は今でも疑問なんですが、ゾンビたちが爆死したアベックを実に美味そうに喰らうシーンで初めて、モノクロでよかった...と思いました。
って言うか、ワタシが当時これをカラーで観たら、二度とゾンビ映画を観ようとは思わなかったでしょう。ワタシ、ホラーは好きだしグロ場面も平気だけど、グロだけを追求された画像は、好きじゃないんだよな...


感想2:
結局、一番怖いのは人間なんですね...
最初は「なんじゃそりゃ~!」と爆笑しながら見ていたワタシですが、生存者が揃うと、だんだんマジメに観はじめてしまいました。
何とか現状を打破して生き残ろうと努力するベン。
ショックのあまり、正気かどうかさえ危ういバーバラ。
ひたすら自分の事しか考えられないクーパー......
彼らがもっと、最初から協力していれば、物語はもっと違った結末になったかも知れません。

ラストシーンにも驚愕。
初めて観た時には、あまりの事に言葉も出ませんでした。
人間の脅威になるのは、ゾンビではなく人間......
それを「そこまでせんでも」というくらいに、思い知らせてくれるストーリーでした。


感想3:
ワタシは騙されました......
ワタシの持ってるDVDは、「最終版コレクターズ・エディション」なるもの。
パッケージ裏面の煽り文句に「新たなるプロローグそして衝撃の新エンディングを含む最長!最恐!最終版!」なんてあったので、「デジタル修復版」を買ってなかったワタシは大喜びで飛びついてしまいました。
んが、これはマニアにかなり不評なバージョンらしいです...

新たに追加されたオープニングとエンディングは、ロメロ監督の手によるものではなく、当時のスタッフの誰ぞが勝手に取ってつけたものなんだとか。
ロメロのディレクターズ・カットじゃないなんてあんまりだぁ!
...とは言え、DVDには追加シーンのないバージョンも収録されてるので、よりオリジナルを味わいたい方は、こちらを観ればいいと思います。...がしかし、このバージョンも、音楽が変わってるとか、音楽だけデジタルサウンドだとか、不評は不評みたい。
真にこだわって観たい、と思ったら、ビデオを探してくるのが一番かも知れないです。

この事実はショックでしたが、まぁワタシが『ナイト・オブ~』を買おうと思った時には、もう「最終版」しか手に入らない状況だった訳で、そういう意味では、手元にあるから何度でも観られるし、いいか、と割り切ってます。


......っと言う訳で、全てのゾンビ映画の原点であるこの作品♪
じわりじわりと追い詰められる恐怖を、お楽しみください。


トレーラー





FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。



なんか、良さげなバージョンが出てますね…。
お値段もお手頃。
欲しいかも…。





コメント

  1. LED | URL | 79D/WHSg

    数年前にビデオでレンタルしたきりです。
    でも、「オー!!ガッソリーン」の台詞が忘れられません。
    「オー!!ガッソリーン」
    またみたいですね。

  2. yohko | URL | 79D/WHSg

    >LEDさん
    「オー!!ガッソリーン」ですか?
    き...気付かなかったな...
    今度観る時、注意しようと思います。

  3. ルー | URL | 79D/WHSg

    本当に、これ、ディレクターズ・カットじゃないじゃん!と唖然としたのでした。
    勝手につけちゃダメ~~(苦笑
    「宗教も役にたたない」ことは、尼さんもゾンビ化している映像で示しているわけですよね。
    政治もマスコミも科学も軍隊も医療も役にたたない、その後の2作では、役にたたないどころか、
    人類を滅ぼすのはゾンビじゃなくて軍事や政治、
    行き過ぎた科学の追究だと示してる。
    だいたい、あれがあったら、事件は解決してしまっていて、その後の2作に繋がりませんよねぇ。

  4. yohko | URL | 79D/WHSg

    >ルーさん
    いやもうホントに、騙されて悔しいの一言に尽きます。
    デジタル修復版があるうちに買っときゃよかったです。

  5. 特命 | URL | 79D/WHSg

    >そんな時代の映画じゃないのに、モノクロなのは何故だろう
    昔読んだ「ファンゴリアマガジン日本版」の記事でモノクロで撮影したのは低予算だったからだという記述があったような気がします。
    ピーター・ジャクソンのデビュー作のように、「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」は仲間が仕事をしながら週末に集まって作った映画ですから。

  6. yohko | URL | 79D/WHSg

    >特命さん
    なるほど...そうだったんですか。
    情報ありがとうございました。

  7. ぴけっと | URL | 79D/WHSg

    あけましておめでとうです。
    久しぶりに、この作品を見直しまして
    のっけましたんでTBしますね。
    今年もよろしくお願いします。

  8. yohko | URL | 79D/WHSg

    >ぴけっとさん
    あけましておめでとうございます。
    こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします!

  9. 喜八 | URL | 79D/WHSg

    こんにちは~。
    トラックバックを送らせていただきました。
    記事中で御記事にリンクを張らせて貰っています。
    DVD のバージョンについては良く分からないものですから・・・。(^_^;)
    今後もよろしくお願いします~。

  10. yohko | URL | 79D/WHSg

    >喜八さん
    >記事中で御記事にリンクを張らせて貰っています。
    ありがとうございます~。
    とは言え、ワタシの情報も、あちこちのサイトを見て知った事を書いてるだけなんですが。
    こちらこそ、これからもよろしくです♪

  11. chibisaru | URL | 79D/WHSg

    こんにちは!!私も石でガラスを割るゾンビに恐怖してしまいました(=_=;)
    道具使うなんて、知恵があるっちゅうことやんかぁ!!!とビビリまくり
    でてきたゾンビの3~4人目だったかな?田中邦衛そっくりでのけぞってしまいました・・・(笑)
    見終わったあとは、やっぱりゾンビより人間の方が怖いやと私も思いました(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/145-fce951fb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。