--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16回:ドーン・オブ・ザ・デッド

2004年11月08日 11:34

ドーン・オブ・ザ・デッド
ロメロの『ゾンビ』のリメイク作品。
これは劇場で見損ねたので、DVDを楽しみにしていたんですが、やっと観る事が出来ました。待っていた甲斐がありましたわ...とっても面白かった。
リメイクっていうと「ネタがないんだ」なんて口さがない言葉が聞かれたりするけど、ワタシはそう捨てたモンじゃないと思います。
オリジナルを観て育った世代が、自分の時代背景に合わせつつ、オリジナルへのリスペクトを込めて作るもの...そういうリメイクだと感じられるなら、リメイク映画も素敵だと思うんです。

ネタばれ度:星星星星星
あてにならぬと自覚はしているネタばれ度ですが、今回はホントに全開で参りますので、ネタばれなレビューを見たくない方は、ご注意召されませ。

評価:星星星星星

今日も、超過勤務に耐えながらようやく帰宅した看護士のアナ。閑静な住宅街に住み、夫との仲も良好で、仕事はきついけれど幸せに暮らしていた。
その朝、アナは夫の声で目覚める。
隣家の娘ヴィヴィアンが、血だらけで寝室に入って来たのだ。
夫が「何て事だ!救急車を呼べ!」とヴィヴィアンに駆け寄った時、少女が夫の喉に喰らいついた!


詳細情報
邦題ドーン・オブ・ザ・デッド
原題DAWN OF THE DEAD
監督ザック・スナイダー
脚本ジェームズ・ガン
出演サラ・ポーリー ヴィング・レームズ 他
製作国アメリカ
製作年2004年
ジャンルアクションホラー



感想1:
物語の展開が非常にスピーディで、飽きさせません。
ついでにゾンビもスピーディです。

隣家の娘が、断りもなく家に入って来て起こされたのを、叱るでもなく気遣って、彼女が血だらけと気付くや否やすぐさま駆け寄る優しい亭主。そんな人が一瞬にしてけだものの様に変貌し、襲いかかって来る......ショッキングなオープニングです。

夫から逃れてクルマに駆け寄り、隣人に声をかけるも、隣人は銃を突きつけて「来るな。下がれ」しか言わない。そこに彼を跳ね飛ばして疾走する救急車。
一瞬にして、恐ろしい事態になっている事を観客は理解せざるを得ない、上手い展開だと思います。
一体何が起きたのか。昨夜までの平和な風景は、どこに行ってしまったのか......。いや、オリジナル観たしワタシは知ってるんだけど。

この導入部にはワタシ、がっちりハートを鷲掴みされました。
オープニング曲も、いい雰囲気でした。


感想2:
やっぱり現代版は、ゾンビが走らないと怖くないんでしょうか。
...って言うか、怖さの質が変わって来る事は間違いないでしょう。

ワタシはこの映画のテンポから言えば、あの俊足ゾンビたちはアリだと思います。アナの旦那さんの俊足っぷりには笑ってしまいましたが、旦那がすぐに標的を変えた時、ぞっとしました。ゾンビにとって、喰う相手は誰でもいいんです。

今の世の中は「相手は誰でもよかった」などと嘯く腐れ外道に、通りすがりに殺される時代です。そんな時代のワタシたちが、かわそうと思えばかわせそうなゾンビを怖がるでしょうか?そんなゾンビより、人間の方がよっぽど怖いよ?
顔の真っ黒い臭そうなガキが「えーちょーきもいしーーーってかおまえだれってかんじーーってかやるっきゃないっしょーー」と言いながらゾンビを寄ってたかって蹴りまくる絵を想像しちゃって、「やっぱ現代のゾンビは俊足凶暴に限る!」と思っちゃいました。


感想3:
ゾンビに噛まれるとゾンビになる......
この設定の活かし方は、よく出来ていたと思います。
父と娘のシーンは泣きました。
妊婦とその夫にも泣きました。
愛する人がゾンビとなる時...その悲しみ、決断する事の苦しさが、伝わってきました。

ベビーが産まれた時、涙しながらも『ブレインデッド』が脳裏をかすめた事は、内緒です。

また、ゾンビは習慣や本能に従ってショッピングセンターに集まって来るってのも、アンディのシーンの伏線として、素晴らしく機能したと思います。
アンディが血まみれのメッセージボードを掲げた時、彼にとって、ケネスとの声なき会話がどんなに必要だったか、彼がどれだけ孤独だったかを思い知らされる気がして、やっぱり涙が出て来ました。


感想4:
人物描写は、何と言うか......人間は、話し合えば歩み寄れるんだよ、という事を示唆している様に感じたですね。

最初は、高圧的で非道な人物に思えたCJに、ワタシは好感を持ちました。
彼は、アナたちが信頼できなかっただけ。皆を、悪い人間じゃないと認める様になった時、CJはとても頼もしい仲間となりました。偉そうな口叩くだけの事はあって、イザという時には絶対に守ってくれる、クールなタフガイ。
素敵なキャラでした。

みんな、自分が生き残る為に、みんなで生き残る為に、一生懸命の人たちばかりで、それが何だか救いだった様に思います。脱出作戦も、皆で話し合っていて、何だか力を合わせれば何でも出来るって感じて、何か、人間ってまだまだ捨てたモンじゃないなって思いました。

...って、意地悪な見方すれば、人間まで丁寧に描きこめなかった(描く気なかった)から、なんて解釈も出来るけど。
ああ、ひねくれ者のワタシ......


感想5:
んで!
動物大好きですから、劇中の動物にも目が行く訳です当然。

ボーダーコリーのチップス今回のわんこは、ボーダーコリーっぽかったですね。


おつかいおつかい♪アンディへの出前に大活躍。
その結果、事態が急変するのですが...

映画観た毒舌家が「犬のせいで事態を悪くしたバカ娘」とか言いそうだな、とは観ながら思ったけど、父親をあんな亡くし方したニコールにとって、犬のチップスは心の支えになっていた筈。だから、飛び出さずにいられなかったんでしょう。気持ちはよく分かります。
ワタシも多分、自分の犬の為なら、命張っちゃうと思う。
って言うより、冷静さを保てないと言うのがホントのところか。
「犬と心中か」なんて茶化してやがったのは、ヤな奴スティーブくらいのもんで、後のみんなは、武器は必要という事を理由にしつつ、即座にニコールを助けに行く。
みんな、男前だなぁ。


感想6:
最後の感想は、残虐シーンとエンディングについて。

今回は、ゾンビが人間を喰らっているシーンを詳しく出しませんでしたね。観始めた時、「この技術力でゾンビのお食事シーン出されたらヤだなぁ」と思ってたので、ほっとしました。
どっかのレビューにも書いたけど、ワタシ、残虐シーンが好きな訳じゃないんです。ホラー映画が好きで観ているうちに、残虐シーンに耐性が出来たってだけの事で。
だから正直、この映画も「頭ハデに吹っ飛ばし過ぎ...」とちょっと感じたんですけど、DVDの特典を観て、どうやら製作サイドは頭吹っ飛ばしにかなりのこだわりがあったみたいなんで、それを否定しちゃいけないらしいと気付きました。
でもやっぱり、吹っ飛ばし過ぎ......

あと、ストーリーが進むにつれて、ゾンビが段々きちゃなくなるなぁ、と思っていたんですけど、それもどうやら製作サイドのこだわりだったみたい。時間の経過に伴って、腐乱度が進んでいってる、という事だそうです。
げろげろ~。

エンディング...というよりエンドロールについては...何と言うか...絶望はしたくありません。上手く逃げ切れた、と信じたいです。助かっていて欲しいです。
そう思った時、気付きました。
ワタシは彼らに感情移入して見てたって事。
登場人物に感情移入できない映画は、観ていたってちっとも面白くありません。途中からワタシは、この映画がリメイクである事を忘れ、オリジナルと比較する事も忘れていました。そして観終わった後「すごく面白かった...」と思いました。


......っと言う事で、この作品は、ロメロの『ゾンビ』をモチーフにした、全く別の作品として高く評価出来ます。アクションホラーとしては、秀逸だと思います。

また、映像特典には、アンディの孤独な闘いが収録されていて、何とも言えませんでした。
本編では具体的にならなかった、彼らが何日間ショッピングセンターに篭っていたのか、というのも分かり、その間のアンディの辛さを思うと、とても切なくなりました。

公式サイト(英語)


トレーラー


より鮮明な動画をご希望なら、YouTubeでどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=8LUzJAsa-gg


FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。









コメント

  1. ともや | URL | 79D/WHSg

    こんにちは、TBさせていただきました。
    >映像特典には、アンディの孤独な闘いが収録されていて、何とも言えませんでした。
    あぁ、それ気になりますね。わたしが観たのはレンタルDVDで、それには特典ディスクは付いてないんですよ(本編だけ)。
    う~ん、そんな映像があるなんて、面白そうですね・

  2. yohko | URL | 79D/WHSg

    >ともやさん
    こんにちは。
    ワタシも最近レンタルDVDを利用するようになりましたが、2枚組みだと本編しか見られない事があるんですね。
    むむう。注意しなくちゃ...

  3. kiki | URL | 79D/WHSg

    本当にすみません!すっかり勘違いして
    トラバ先を間違えて「バイオ」の方にトラバしてしまいました・・・。お手数ですが、消してやってください・・・泣
    「ドーン・~」はかなり面白かったです!
    こちらの記事を見て観ることを決めたので
    お礼を言わせてください!ありがとうございます。

  4. yohko | URL | 79D/WHSg

    >kikiさん
    わ~、ご覧になる映画の参考にしていただいたなんて、嬉しいです♪
    トラバは、修正しておきますね~。

  5. かえで | URL | 79D/WHSg

    初めまして~。
    映画見て、検索彷徨っててつきました。
    今日映画を見て、すごーーーーく怖くて楽しかった?です。
    オリジナル版を愛する人たちには色々許せなかったところがあったみたいなんですけど、ワタシは十分怖く、おもしろかったです。
    ゾンビの全力疾走も、言われるまで気づかなかったです。確かに、あれは今思えば面白いかも!ですが、そんなことに気づく余裕はなくめちゃめちゃ怖かったです。
    バイオよりゾンビがリアルだし、かといってスプラッタはそこまでではないし。(ワタシも怖い映画は観たがりだけど、スプラッタは苦手なんです
    ビデオ版を借りてきて、映像特典観たいので今度はDVD借りようと思ったのですが、DVD、レンタルは映像特典入ってないのですか?!
    がっかりです、、、、、
    感想すごく面白かったです。
    映画、よく読みこんでるなぁと思いました。
    すごくすごく怖かったですけど、感想読んで書いてから もっかい観たくなってきちゃいますね。
    長文失礼いたしました。

  6. yohko | URL | 79D/WHSg

    ■かえでさん
    初めまして。
    ワタシもオリジナル好きですが、こっちもかなり、面白いと思いましたよ。
    全力疾走のゾンビがお気に召したなら、『バタリアン』もおススメです。
    ちょっと古い映画ですが、確か俊足ゾンビの走りになった作品ですよ。
    ホラーや、誰も観ないようなくだらない映画に拘ってるBlogですが、また覗いてやってくださいね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/147-0d0f3dbd
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。