--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回:ダークスター

2004年11月09日 10:29

ダークスター
ホラーが続いたので、今回は別ジャンルで。
愛するジョン・カーペンター監督の、輝かしきデビュー作。
学生時代にダン・オバノンたちと作った短編映画を長編にしたもので、DVDには、通常版と短編版と、両方が収録されています。おトク♪

ネタばれ度:星星星星星(灰)
評価:星星星星星

21世紀半ば。
宇宙開拓船ダークスター号は、開拓の邪魔になる危険な惑星を排除する為、4人の乗組員を乗せて宇宙の彼方を飛んでいた。
思考力を持った爆弾を使い、危険な惑星を吹っ飛ばすのが彼らの仕事。
ある時、ダークスター号は、宇宙嵐に巻き込まれてしまう。無事に嵐を回避したかと思いきや、船は少しダメージを受けていた。それが原因で、安全な航行に少しづつ異変が起こり始める......


詳細情報
邦題ダークスター
原題DARK STAR
監督ジョン・カーペンター
脚本ジョン・カーペンター ダン・オバノン
出演ブライアン・ナレル ダン・オバノン 他
製作国アメリカ
製作年1974年
ジャンルSF



感想1:
カーペンター映画の中でも群を抜く低予算映画。
その為、随所に笑いの壺が潜んでいます。

まずはダークスター号。
惑星を吹っ飛ばしてしまう程の爆弾を、たくさん積んでいるとは思えない可愛らしい大きさ。宇宙船の透明部分と爆弾との大きさを比較してみると、どう考えたってあの爆弾は、1基積んだらイッパイイッパイに見える。
だから2基目が出て来た時は、大爆笑しました。

次に、エイリアン。
乗組員の一人が飼っているエイリアンが出て来ます。
......ビーチボールです。ヘンな色塗ったビーチボール。
戯れに飼えるエイリアンなんだから、そんな凄いモンじゃないだろうなとは思っていましたが、まさかビーチボールとは(爆)
このビーチボ...もといエイリアン、ピンバック軍曹が世話をしてやってる時に、悪戯をしてピンバックをからかいます。
怒ったピンバックは麻酔銃を撃ち込みますが......エイリアン、無残な事に。
だってビーチボールなんだもん。

この、ビー...もといエイリアンと闘うピンバック軍曹を演じたのが、ダン・オバノンだそうです。後に『エイリアン』の脚本を書いたり『バタリアン』の監督をしたりした、偉大なるダン・オバノンも、若かりし日には、ビーチボールと死闘を繰り広げていたんですねぇ......。
この映画でも、カーペンター監督と共に脚本を担当し、特殊効果もやってます。

回路の異常で、思考型爆弾が勝手にスタンバってしまって、こいつの爆発を阻止する手段も大爆笑。「爆弾を説得する」とは!
もっともあの頃の時代って、確か世界的なSFブームを迎えていた、という記憶があるし、『2001年宇宙の旅』もすでに公開されていた後ではなかったでしょうか?
この作品も確か、思考する機械というのが出て来ていたですね。狂った機械を説得するシーンがあったかどうかは、憶えてないけど。

他にも笑いの壺はイッパイあったんですけど、というか、作品通して全てが壺状態だったんですけど、これくらいにしておきます。


感想2:
登場人物及びストーリーへの感想はといいますと。

物語の冒頭で、ダークスター号の船長さんが事故死した直後らしいのが分かります。船自体も老朽化が進み、倉庫が壊れてトイレットペーパーの在庫がなくなっちゃったりとか、エレベーターの非常電話が不通になっていたりとか。
小さな宇宙船の中で男ばかり4人。その閉塞感はいかばかりか。
そんな中で船長を失い、細かいトラブルに見舞われ、そういうひとつひとつが、乗組員の心を蝕んでいることが、短い時間の中できちんと表現されている。
しかもそれを、鬼気迫る表現でではく、淡々と、微笑ましく描いています。
こういうところがワタシ、カーペンター監督の好きなところなんですよね。なんか表現が優しいというか、間抜けというか。

けれどもドゥーリトルが、自作の楽器を演奏するシーンは、彼らの郷愁や孤独がひしひしと伝わり、真面目に切なさを感じました。
楽器はやっぱりすっごい間抜けなんですが。


感想3:
カーペンター映画の男たちは、いよいよという時にも絶対に泣き言を言わない、かっこいい男ばかりですが、そのスタイルは、この映画からすでに確立されていた様です。

カントリー音楽をBGMに、宇宙空間でサーフィンをするドゥーリトルが、とってもかっこよくって、シビれました。


......っと言う訳で、デビュー作をやっと観られてとても幸せ。ますますカーペンター監督に惚れ込んだワタシなのでした。

新作が観たいよ~~!


トレーラー





FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。



一緒にコチラを買うと、『遊星からの物体X』『ゴースト・オブ・マーズ』『クリスティーン』『スターマン』『光る眼』『ヴァンパイア:黒の十字架』も一挙にゲット出来て、アナタもカーペンターマニアになれます♪



コメント

  1. はぎちゃん | URL | 79D/WHSg

    エスケープ・フロムLAで、ピーター・フォンダにサーフボード持たせて登場させたのは、
    古くからのファンへのサービスなんではないかと思いました。
    ダークスターのラストシーンは最高です。
    ちゅーか、終わり方はこの後に撮られた映画でもご同様。
    カーペンターと言えばラストシーンなのだっ!

  2. yohko | URL | 79D/WHSg

    >はぎちゃん
    そっかあ~~!
    だからピーター・フォンダを起用したのか?!
    とはいえ、カーペンター映画はラストシーン、という意見には諸手を上げて賛成。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/148-7c1b6013
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。