--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第30回:ALIVE

2004年12月06日 06:48

ALIVE
12月4日から、待ち焦がれていた北村龍平監督の最新作『ゴジラ FINAL WARS』が公開されました。
それを記念して、今回は北村監督のこの作品♪

ネタばれ度:星星星星星(灰)


この作品を観た理由
北村龍平監督だから。

評価:星星星星星

今にも刑を執行されようとしている死刑囚。
しかし、死刑は中止された。
彼には、生きるか死ぬかの選択権が与えられる。
生きることを選択した男は、研究施設のような頑丈な部屋に移される。
そこにはもう一人、死刑囚がいた。
彼らはこれからここで、監禁されたまま何かの実験に使われるのだ。
いったいその実験とは、何なのか......


詳細情報
邦題ALIVE
原題ALIVE
監督北村龍平
原作高橋ツトム
出演榊英雄 りょう 小雪 坂口拓 松本実 他
製作国日本
製作年2002年
ジャンルSFサスペンス


感想1:
主演は、『VERSUS』の敵役だった榊英雄さん。
心の中に大きな闇を持つ、ただの凶悪な死刑囚には見えない男を、すごくクールに演じてはります。

作品中、最初の台詞を口にしたのが、石橋蓮司さんだったのにびっくり。
もう一人の死刑囚には杉本哲太。
研究者に國村隼さん。
邦画やTVドラマを観ないワタシでも、顔と名前が一致する俳優さんが出演している事に、北村監督出世したなぁ、と、嬉しくなりました。

かっこいい男を描かせればダントツな監督さんだとは思ってましたが、女もかっこよく撮れる人なんですね~。

小雪は、TVCMでしか見かけた事のない人でしたが、キメるシーンはかっこよかったし、あんなに演技力のある人だとは知らなかった。
りょうは、何かのドラマで見てけっこう好きなんですけど、今回も「魔女」と名乗るミステリアスな女を見事に演じていて、かっこよかったです。


感想2:
これは、漫画が原作で、ワタシはそちらを知らなかったけれども、ストーリーはとてもよく分かりました。

基本的に、彼らが監禁されている部屋がメインの密室劇。
『VERSUS』のような派手なアクションがなかなか始まらないので、あれれ?と思ったけれども、何の為の実験なのか、というサスペンス性と、緊迫感溢れるストーリーに、ぐいぐい引き込まれ、すっかり夢中に。

北村龍平は、アクションだけの監督じゃないんだっ!!

今回の映画からワタシが受け取ったメッセージは、「愛の力の使い方を間違うな」という事。
主人公は、愛の力の使い方を間違えた、悲しい男。
そして彼は、この実験を通じてその事に気付くのです。
暴力を、殺意を、愛の力だと信じていたが故に、主人公には過酷な運命が科され、間違いに気付いた時にはもうどうしようもない状態になってしまっています。
けれども彼は、己の運命に果敢に立ち向かい、決着をつける......
そんな姿が、センチメンタルな表現抜きで描かれていて、かっこいい!

ラストシーンは、密室で繰り広げられた重苦しいドラマの閉塞感を払拭するカタルシスが得られて、ハッピーエンドではないのに清々しい。

説教臭い表現抜きで、こんな照れくさいメッセージをかっこよく訴えてくる北村監督の力量に、思い切り脱帽です。


感想3:
もちろん、アクションシーンもあります。
でも今回は、アクションがメインではないせいか、わりとあっさりした感じ。
『VERSUS』のようなアクションを目当てで観たら、がっかりするかも知れません。
アクションを観るのではなく、己の中で膨張する「殺意」を操って闘う、榊さんの殺気溢れる表情が、一番の見所でした。


感想4:
北村節も、炸裂してます。

日本の死刑は電気椅子じゃないだろ、とか、研究者が黒い白衣って何でやねん、とか。そこはまぁ、笑うところで、突っ込むべきではないんですが。
脇役にも、ちょろっと個性を持たせるところも、いいですね。
飴好きな人とか、飴が気になる人とか。

『VERSUS』でお馴染みのメンバーも、ちゃんと出てきます。
どこに出てるか探すのも楽しいです。
松本実さん(チビのワル)と、松田賢二さん(ナイフ使いのレザボア)は、すぐに分かりますが、他のメンバーも出てますよ。


......っという事で、『VERSUS』『ALIVE』『荒神』『あずみ』『スカイハイ』と、ワタシを失望させた事のない北村龍平監督♪
今度のレディースデイには、何があっても絶対に『ゴジラ FINAL WARS』を観に行くぞ!!


トレーラー




FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。



よろしければ、原作の漫画もご一緒に。



コメント

  1. 喜八 | URL | 79D/WHSg

    昨晩(2005-01-02)、DVD で観ました(こちらの記事を参考にさせていただきました)。
    スタイリッシュな映像・迫力満点のアクション・シーンでしたね~。
    邦画はあまり観ないので、北村監督のこともまったく知りませんでした。
    つぎは『VERSUS』を借りてこようと思います。

  2. yohko | URL | 79D/WHSg

    >喜八さん
    参考にしていただけて、嬉しいです。
    『VERSUS』のアクション、凄いですよ。
    観たら、感想聞かせてくださいね!

  3. kiki | URL | 79D/WHSg

    >yohkoさん
    どうも、お邪魔します、お返事が遅くなっちゃって
    ごめんなさい・・・!トラバ&コメントありがとうございます♪
    そうなんですよねー、私は「VERSUS」は何度も見直したくらい好きなんですけどどうにもあれを超える映画を北村監督は作れてないんじゃないのかなあ?というのが私の気持ちなんですよー。いや、ほんとは北村監督のことは好きですよ(笑)ただ、好きだからこそ売れてほしいしもっといい作品が観たいっていうところでうちのブログでは低評価になってしまいましたー汗。いやー、ALIVEは最初の雰囲気は好きですよ!ほんとに!

  4. yohko | URL | 79D/WHSg

    >kikiさん
    ワタシも正直『VERSUS』を越える作品は、まだ出てないな、と思っています。
    ただワタシの場合、実際北村カントクにお目にかかった事があって、その時に、お人柄に惚れちゃったので、という邪道な理由で、応援続けてるって感じです。
    これからのご活躍に期待!というところです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/163-baee9263
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。