--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第34回:ゴジラ FINAL WARS

2004年12月09日 07:33

ゴジラ FIMAL WARS
公開日翌日、単身赴任中の夫は、先に一人で観てわざわざ電話をかけてきました。
「やっぱり行ってると思った...」というワタシに、「へっへっへ。おもろかったで~。あのな~」と、ネタばらししようとするので、電話を切ってやりました。
ワタシのお陰で北村ファンになったくせに。ふん。ワタシはレディースデイに、あ奴と同じ金額で2回観てきてやるもんね。
という事で、観て参りましたよ♪

ネタばれ度:星星星星星
思いっきりネタばらすからね。注意してね♪


この作品を観た理由
北村龍平監督だから。

評価:星星星星星

あらすじ書いてみたら長くなったので、簡潔に。
歴代の怪獣全てが地球で暴れまくり!
侵略者X星人も暴れまくり!
轟天号と、ゴジラ、モスラは、地球を守る事が出来るのか!!
そういう話だっ!!


詳細情報
題名ゴジラ FINAL WARS
監督北村龍平
特殊技術浅田英一
製作富山省吾
脚本三村渉 桐山勲
音楽キース・エマーソン 森野宣彦 矢野大介
出演松岡昌宏 北村一輝 他
製作国日本
製作年2004年
ジャンルSF


感想1:
まずワタシの感想としては、ゴジラを撮っても北村龍平北村龍平だった、という事。
こんな大作のラストを任されても、己のテイストを貫き通した北村監督に、敬服いたしますっ!

北村龍平といえば、かっこいいアクションと血飛沫とギャグが切り離せませんが、アクションは人間のも怪獣のもあったし、ギャグは何と、ご本人が登場してのシーンや、X星人の若き支配者が担当してくれてて、笑ったし。
血飛沫はまぁ、子どもも見る作品だから抑えてくるだろうと予想していたし。
監督の大ファンであるワタシの期待は、一切裏切られませんでした。


感想2:
轟天号が出て来た時は、「あれ?轟天号は違うシリーズだろ?」と思ったけれども、ま、地球を守る戦艦と言えば、宇宙戦艦ヤマトと轟天号しかないもんな、と納得。
あっ!!
だからX星人の最初の頭領が、伊武雅刀さんだったんだろうかっ?!

最後の作品として、今までの怪獣を全て出してくるだろう、とは予想してましたが、ただ単に、そいつらが暴れて終わり、という話にならなかったのも、すごくよかった。

ゴジラとモスラがなかなか出てこないので、じりじりしたけど、やっと登場した時にはやっぱすっごく嬉しくて、すっきりしました。
ギドラの登場の仕方も、よかったですね。
「あいつが出てこないのはおかしいよ!」と心配してたんで、出て来た時には「ラスボスはこいつでないと!北村監督、わかってるぅ!」と大興奮。
その反面、『三大怪獣 地球最大の決戦』では、ゴジラだけではギドラに勝てなかった筈だ、と心配に。
あの時共闘してくれた、ラドンは既にゴジラに倒され、モスラはガイガンとの闘いで散ってしまい...。
そんなこんなで、ラスボス、ギドラとの対決は、ワタシはすごく盛り上がって観てました。
轟天号がパワーを注入した時には、「え、そんなん出来るんですか」と思ったけど、まぁ出来たんだから、いいや。
この辺をごちゃごちゃ言っちゃあ、どんな映画も楽しめないしね。

ってな訳で、ゴジラシリーズが好きではあるけど、特別深い思い入れがないワタシには、充分楽しめる怪獣総出演でした。

そうそう、マグロばっか食べてるダメな奴の登場も、嬉しかった。
そんなワタシは、ハリウッドゴジラも結構好きだったりしますが、これは、ハリウッドゴジラをゴジラと認めない日本のファンへの、ちょっとした気遣いだったのか、北村一輝さんのアドリブだったのか...?
一番あっさりやられましたね~。
監督も、ハリウッドゴジラには思うところあったのかな?
(案外、東宝の思惑だったりして)


感想3:
次は人物。
悪役が、北村一輝なのがすっごく嬉しかった。
『あずみ』でも、癖のある役やってて印象的だったんで、今回のX星人統制官は、満喫しました。彼のあの怖い顔、ミョーにかっこつけるとこ、地団駄踏んで悔しがるとこ......
今回の映画では、北村テイストをかもし出す登場人物として重要な役どころでしたね~。かっこよかったし。

國村隼さん(小室少佐)のとぼけた演技も、『ALIVE』を彷彿とさせて楽しめた。ゴードン大佐の作戦を聞いたシーン、すごい無茶な作戦である事を、彼の緊迫した表情が物語ってました。
そして小室少佐は、四の五の言わずに、凄みのある笑顔で「了解」と返す。
かっこよかった...!

ゴードン大佐と言えば、どっかで見たぞ、このおっさん...と気になってたんですが、K-1のドン・フライだったんですね。
...ってわかっても、どんな試合してた人か思い出せないんだけど。
レイ・セフォーとゲイリー・グッドリッジはすぐに分かったのにな。
まぁ、このゴードン大佐がまたかっこよかった。
抜き身の日本刀を握り締め、艦長席に座る姿が、シビれそうでした。

シビれると言えば、熊坂教官。
X星人に操られたミュータント軍団を相手に、脱出する松岡くんにニヤリと笑って見せる...。シビれました。
やっぱかっこいい男を撮らせたら、ダントツですね、北村監督。

古株の皆さんに関しては、ワタシは存じませんでしたが、かつてのシリーズで君臨してらした方々なんですね。
往年のファンへのプレゼントだったんだ。

往年のファンへのプレゼントと言えば、マイケル富岡が仕切る座談会シーンでは、爆笑しそうになって、暗い館内で必死でこらえてました。
大槻教授と韮沢なんとか以外のメンバーは、みな今までのシリーズに出演した方々だそうです。
そうそう、刺客役の佐野史郎さんにも驚きました。彼の台詞の「古きものが蘇り...」という辺りの台詞に、ん?と思ったんですが、パンフによれば、やっぱりクトゥルーの神々を連想させる意図があったんだそうです。
監督は、クトゥルー神話にも挑戦する気なのかなぁ?

ただひとつ不満があるとすれば......菊川玲っ!

...と、イキオイでいろいろ書いたら、自分でも「これはいかんだろ」ってくらいの罵詈雑言になったので、削除。
北村監督の演技指導を受けて尚、あの程度の演技とは...と、これだけ言っておく事にする。


感想4:
北村組の皆さんも、ちゃんと活躍してましたね。
まずは、X星人の北村一輝さんが北村組。
空中戦艦エクレールの副艦長に榊英雄さん。
松岡くんと同じチームのミュータント戦士に松本実さんと『スカイハイ』で霊能者役をした女優さん。
X星人のサイボーグ役で、坂口拓くんと魚谷香苗さん。

あとはちょっとわかんなかった。
ま、DVDでゆっくり確認します。

出番や活躍が少ないのはしょうがないけど、彼らが出ていると、それだけで嬉しい。
ジョン・カーペンター監督におけるカート・ラッセルの様に、サム・ライミ監督におけるブルース・キャンベルの様に、彼らにはこれからも、北村作品に華を添え続けて欲しいです。

北村組といえば、忘れてはならない、撮影の古谷巧さん、音楽の森野さん、助監督(?)高津さんも、ちゃんとエンドロールに名を連ねてはりました。
彼らが監督と一緒に仕事をしている限り、ワタシも監督の作品を愛し続けようと思います。


感想5:
北村監督が撮るからには、怪獣映画に終始せず、人間ドラマも重要になってくる、と分かってました。毎回必ず、かっこよくて心に染みる台詞があるのが、北村作品。

今回、心に残った台詞は、「隠れながら死ぬか、闘って死ぬかだ」というゴードン大佐の言葉と、「自分がどんな存在になるかは、自分で決められるのです」という小美人の言葉でした。
やっぱ北村龍平、ちゃんとメッセージがあるじゃん!
だからワタシはこの監督が大好きなんですっ!

エンドロールでは、かなりカットしたシーンがあるらしい、と思いました。
DVDでは、カットシーン全てを入れたバージョンを見られるかも知れない、と、既にDVD発売を楽しみにしています。

そうそう、今回、ゴジラとモンスターXも、北村一輝さんと松岡くんも、背中合わせで回りませんでしたが、ミニラと少年が、お腹をあわせて回りましたね。

X星人に入れ替わられた人が瞬きしないって設定も、昔のX星人を知らないワタシにはウケました。北村監督と言えば、アクションで瞬きをさせない人。
それが今回作品中に使われてて、その辺が、何か面白かったです。

って、全然まとまりのない感想だな~。
まだ興奮してるからかな~?

あ、ひとつだけ、残念だった事思い出した。
それは、小美人のモスラの歌が聞けなかった事。
カットされてるだけで、DVDでは観られたらいいなぁ...。


......っという事で、北村龍平ファンであり、ゴジラもわりと好きだけど全シリーズは観てない、というワタシにとっては大満足のこの作品♪
ワタシの隣に座っていた、ご年配の男性は、往年のファンとお見受けしたけど、彼も満足できたかな?
世間の評価が、ちょっと気になるワタシです。

公式サイト


トレーラー




おマケ




FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。







コメント

  1. ぱんち | URL | 79D/WHSg

    TBありがとうございます~。
    わぁ、思いっきり龍平ファンじゃないですかっ!
    同志としては、yohkoさんの感想の力みっぷりが最高ですw
    やっぱり菊川玲はキツイですよね……。
    今後ともよろしくお願いします^^

  2. kiki | URL | 79D/WHSg

    トラックバック&コメントありがとうございました!実は私も北村龍平監督は「ヴァーサス」以来のファンですよ★ゴジラもかなり楽しめました!
    これからもちょくちょく見させていただきますね♪

  3. yohko | URL | 79D/WHSg

    >ぱんちさん
    そう、今読み返して、自分の感想のテンションの高さに、思わず赤面。
    でもま、この興奮状態をも後世に伝える為(誰のだ)、このままにしておきます。
    こちらこそ、よろしくお願いいたします。
    >kikiさん
    北村龍平ファンに続けてコメントいただけて、嬉しいです。
    主流はくだらないホラー三昧のこのblogですが、よろしくお願いいたします♪

  4. ? | URL | 79D/WHSg

    トラックバックありがとうございました。
    なるほど。
    クトゥルーですかあ。ラヴクラフトいいですよね。
    年間3ケタも映画観に行ってると毎度パンフ買ってるとおおごとになるんで滅多に買わないんです。
    パンフにも色々興味深い話しが載ってるもんなんですねー。

  5. yohko | URL | 79D/WHSg

    >発生さん
    >毎度パンフ買ってるとおおごとになるんで
    ええ、ワタシも、観る度にパンフを買ってる訳じゃないんです。
    2004年は、この映画と『エイリアン VS. プレデター』と、2冊しか買わなかったです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/167-25d94ebe
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。