--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第41回:アリゲーター

2004年12月15日 10:14

アリゲーター
ペットの鰐が捨てられて、下水道で巨大化...。
そんな都市伝説が、実は本当だったら......?
これまた子どもの時TVで観て、忘れられなかった作品です♪

ネタばれ度:星星星星星


この作品を観た理由
懐かしかったから。


あらすじ
その頃、街では、下水道関連施設で働く人の失踪が相次ぎ、遺体の一部だけ発見される、という状態で、関係者を悩ませていた。
それと同時に、犬が盗まれる事件も続いていたが、発見される犬の死体は、何故か生前の何倍もの大きさになっていた......。
薄毛を気にする犬好きの刑事、マディソンは、下水道に何か人を襲うものがいると判断。調査を進めたところ、彼の前に現れたのは、超巨大化した鰐だった!!

評価:星星星星星(灰)


作品情報
邦題アリゲーター
原題ALLIGATOR
監督ルイス・ティーグ
脚本ジョン・セイルズ
出演ロバート・フォスター ロビン・ライカー 他
製作国アメリカ
製作年1980年
ジャンルSFパニック


感想1:
ペットの鰐がトイレに流され、下水道へ。
そこにたまたま、実験動物の死体の不法投棄があって、鰐がそれを餌に生き延び、成長ホルモンの影響で巨大化......。
いやぁ、楽しい映画です。
巨大鰐のシーンは、実物の鰐と作り物の鰐を使い分けてるんでしょうけど、これがホント、今観てもそれほどチャチくないんです。
...と言うか、チャチに見えないように、かつ巨大鰐の迫力を出せるように、と、撮影の方法が工夫されているなぁ、と思います。
マンホールぶち破って地上に出て来るシーンは、大迫力!
心の中で、「何でそうなる?!」という声が聞こえるけど、そんなの気にしちゃいけません。


感想2:
マディソン刑事も、なんだか魅力的な人で、物語を膨らませます。
初登場のシーンでは、穴だらけのTシャツを着て登場。
ペットショップで買い求めた犬は、ヨークシャー・テリアに見えました。
薄毛は気にするけれど身なりには無頓着で、実はちょっと淋しがりやな男やもめの仕事人間...ってのが、この登場シーンだけで分かっちゃう。
何だか好感が持ててしまうんです。
...って、犬好きとしてシンパシー感じるだけなのかも知れないけど。

犬と言えば、冒頭で発見された犬が、ラサ・アプソなのはちょっと感心。
小型犬で、少し珍しい犬という設定なんでしょう。
だから、死体の大きさがまるで違っていても、飼い主は、自分の犬だと主張できる訳です。
この犬種、日本ではまだまだ珍しそうですが、大型犬好きのワタシとしては、シーズーとどこが違うのか分かりません。
...と思ったら、シーズーの祖先となった犬の様です。


感想3:
炸裂するご都合主義も、忘れてはいけません。
警官隊の大群が下水道を追い立てた時は、どこに隠れてたんだ!とか、(だから地上に出て来た時、何でそうなる!と思う訳です)あんなデカい鰐が何ですぐ捕獲できないんだ!(鰐は意外と動きが素早いとは聞くけど、あんだけデカけりゃそう機敏には動けんだろう!)とか。
一番笑えるのは、クライマックスで大暴れする場所が、成長ホルモンの動物実験を繰り返していた製薬会社の社長んちだったというところですな。
いくらなんでもそりゃないだろ!(爆)

映画を楽しむ為なら、多少の辻褄合わせは見えないフリをするワタシが、こんだけ突っ込みたくなる程のご都合主義!
これはきっと面白がるところなのに違いありません。
ご都合主義を許せない人は、要注意!


......っという事で、なかなか楽しめるこの作品♪
2もありますので、そのうちレンタルしようと思います。


トレーラー




FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。







コメント

  1. 特命 | URL | 79D/WHSg

    後のインディー映画の巨匠ジョン・セイルズが脚本書いている「アリゲーター」。人間の描き方は低予算B級映画にしては面白い。80年代前半までのB級映画の帝王ロジャー・コーマンの周りにはジョン・セイルズのような才人がゴロゴロしていた。ジョン・セイルズが脚本を書いたB級映画は「アリゲーター」の他に「ハウリング」「ピラニア」「宇宙の七人」「吐きだめのヒーロー」があります。
    ■ジョン・セイルズ作品リスト
    http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=1597
    それはさておき、僕は「土曜洋画劇場」で「アリゲーター」を見た時、クライマックスでハラハラドキドキしたことを思い出しました。

  2. yohko | URL | 79D/WHSg

    >特命さん
    『ハウリング』『ピラニア』は観たことあります。
    そっか~、そんな人が脚本に携わってたんですね。
    人々の描かれ方が、面白かったですよね。
    薄毛を気にする刑事とか、パーティーで社長に取り入ろうとする人と、若い女性にアピールしたい社長とのやり取り、表情とか。
    ワタシがハラハラしたシーンは、カメラマンが襲われるシーンです。
    フラッシュの中でかろうじて見える鰐が、怖かったのを憶えてます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/174-d3e00774
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。