--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第43回:エイリアン

2004年12月18日 07:55

エイリアン
本日から『エイリアンVSプレデター』が公開です♪
楽しみにしていた映画なんで、それを記念して、この作品をチョイス♪

ネタばれ度:星星星星星


この作品を観た理由
公開当時、SFなのに怖い、というのは、斬新だったという記憶があります。SFって、夢があって楽しい映画だと思ってたから。すっごく観たかったんだけど、親が連れてってくれなかった......。


あらすじ
宇宙を航行していた貨物船ノストロモ号は、謎のSOSを受信。発信源の星に着陸し、調査に向かう。が、調査に向かった乗組員は、顔に不気味な生物を貼り付けた姿で昏倒してしまう。その生物を剥がそうとするが、どうしても剥がす事が出来ない。切除しようにも、生物の体液が強力な酸だった為、不可能だったのだ。
しかししばらくすると、その生物は自然に剥がれて死に、昏睡していた乗組員も意識を取り戻した。
安心した一同だが、張り付かれていた乗組員が突然苦しみだし、その胸を突き破って、謎の生物が飛び出した!生物は、脱皮して人間の体内に寄生していたのだ......。
恐ろしい未知の異星人を、船内に放ったかたちになってしまったノストロモ号は、無事に生還できるのか......!

評価:星星星星星

作品情報
邦題エイリアン
原題ALIEN
監督リドリー・スコット
原案ダン・オバノン ロナルド・シャセット
脚本ダン・オバノン
出演シガニー・ウィーバー イアン・ホルム 他
製作国アメリカ
製作年1979年
ジャンルSFホラー


感想1:
非戦闘員が、宇宙船という逃げ場のない空間で、想像を絶する恐ろしさの生物と闘わなくてはならなくなる恐怖。

ノストロモ号は、輸送船。
乗組員たちは技術者ばかりで、武装しておらず、エイリアンから身を守る武器も装備も、みな手作り。動体センサーさえも手作りゆえ、精度を信頼できない有様。これでどうやって身を守るのか......。
その緊迫感は、何度観ても薄れる事がありません。

また、宇宙船などのセットが、今観ても全然チャチに感じられない。
とても25年前の映画とは思えませぬ。
でももしかしたらそれは、あら探ししちゃう心理的余裕をこちらに与えない、スリリングなストーリー展開の賜物なのかも知れません。


感想2:
原案は、ダン・オバノンとロナルド・シャセット。
よくもまぁ、こんな恐ろしい生物を考え付いたものです。

卵の状態なら、どんな長い期間でも生きる事が出来、近付いた生物の顔に張り付いてその体内に寄生し、やがてその胸を突き破って出て来る。
その後は脱皮しながら巨大に成長し、人間を捕食する。
人間が生存できる空気の中でも平気で生きるというのは、もしかしたら、寄生した段階で、宿主の生存環境に合わせて変化する、という事なのかも知れません。

体液が強酸となると、もしもノストロモ号が軍艦だったとしても、普通に退治する事など不可能です。船は、移動手段であると同時に、宇宙空間から人間を守るものでもある為、損傷を与えるような事は出来ない。
と、いう事は、ノストロモ号の乗組員が判断した通り、エアロックから射出してしまうしか、助かる道はない......。

そんな凄まじい生物が、H・R・ギーガーのデザインによって、不気味で恐ろしいのに、どこか美しさを感じるものとして表現されています。
作中で、その姿がはっきり見えないのが、残念なくらいです。


感想3:
このクリーチャーと同様に見応えがあるのが、それぞれのキャラクター。
特にワタシが感じ入ったのは、リプリー(シガニー・ウィーバー)の性格描写の素晴らしさ。
責任感が強く、冷静で勇敢。
調査に出かけたメンバーを、簡単に船内に入れようとしなかったシーンで、それが余すところなく表現されてる。
そんな彼女が、最後に独りになってしまった時、初めて取り乱す。
クライマックスでは、なんとお星様にお祈りする......。
このリプリーの描かれ方が、観客の焦燥感と恐怖感を、見事に煽ったと思います。


感想4:
監督リドリー・スコットは、この映画で、女が男社会に蹂躙されてる事を表現したかった、と聞いた事があります。だからエイリアンは、男性器を連想するような淫靡なデザインになったのだそうです。
そう思って観ると、エイリアンの、とにかく問答無用に殺すというところや、人間の体に穴をぶち開けるという殺害方法にも、何か含みがあるような気がします。

またこの作品での悲劇は、恐ろしいエイリアンを船内に入れてしまったところだけではなく、未知の生物は乗組員の命よりも優先して捕獲する、という極秘指令があった事でもあるのですが、その秘密を知ってしまったリプリーを、アンドロイド、アッシュ(イアン・ホルム)が口封じしようとするシーンがあります。
その方法が、丸めた雑誌を口にねじ込もうとする事。
男は、女を黙らせるには口に棒を突っ込んどきゃいいと考えている、という隠喩を感じて、慄然とします。
このシーンは、子どもの時には、随分ヘンな殺し方をしようとするなぁと感じたのですが、大人になって観て、なるほどと納得し、凄い表現だなぁと感服しました。


......っという事で、最近の、刺激的映像に満ち満ちた映画を見慣れている若人にとっては、ちょっと退屈に感じるかも知れないこの作品♪
今度のレディースデイは、『AVP』だ!!


トレーラー





FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。







コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/176-b91978dc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。