--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第57回:プラン9・フロム・アウタースペース

2005年01月29日 07:41

プラン9・フロム・アウタースペース
さて、何故か再びクズ映画鑑賞記に戻る「映画がワタシをダメにする」です。
今回は、『死霊の盆踊り』でワタシを悶絶死寸前にまで追い込んだ、エドワード・D・ウッド・Jr(エド・ウッド)のこの作品。

この作品を観た理由
最低最悪にツマラない、と聞いていたから、それを確かめたくて。


あらすじ
え~......っと。
宇宙人が、地球人に自分たちの存在を知らしめる為に、彼らが「プラン9」と呼んでいる作戦を実行。
それは、死者を蘇らせ、人間を襲わせる事だった。
そんなお話の様です。

評価:星(灰)星(灰)星(灰)星(灰)星(灰)


作品情報
邦題プラン9・フロム・アウタースペース
原題PLAN 9 FROM OUTER SPACE
監督エドワード・D・ウッド・Jr
製作エドワード・D・ウッド・Jr
原案エドワード・D・ウッド・Jr
脚本エドワード・D・ウッド・Jr
出演クリズウェル ヴァンパイラ ベラ・ルゴシ 他
製作国アメリカ
製作年1959年
ジャンルSFホラー


感想1:
なんか画面が、昼になったり夜になったりします。
夜、出動した筈の警察が、昼間に現場に着いたり、昼間出動した警察が、夜現場に着いたりします。これは、はぎちゃんに聞いていたのと、『死霊の盆踊り』でも、そんなシーンがあったのとで、それ程驚きませんでしたが。

あとは、えーと、えーと...。

マジメに感想を書く気力が湧いてこないなぁ...。
ストーリーは、『死霊の盆踊り』よりマシだとは思いました。

それから、飛行機のコクピットとか、円盤の中とか、どう見てもフツーの部屋なので、ぱっとシーンが変わった時、そこがどこなのか、わからなくなる事がありました。

あと、えーと、えーと......。

冒頭で口上を述べるクリズウェルは、やっぱりカンペ見ながら喋ってる感ありありでした。

それからー...えーと、えーと......。

女ゾンビ役のヴァンパイラのウエストが、すっごく細くって吃驚しました。
あのウエストが、一番ホラーだったと思います。


......っという事で、「観た」という事実しか残らない、そんな映画。
観終わった後、ぐったり疲れてしまい、なんだかやっと治った風邪が、ぶり返してしまいそうになったので、早々に床に就きました。
っとか言いながら、ティム・バートン監督の『エド・ウッド』は、観てみようと思っているワタシなのでした。


トレーラー





FC2 Blog Ranking
ランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、ポチッとひと押し、お願いいたします。








コメント

  1. はぎちゃん | URL | 79D/WHSg

    ゾンビのウェスト部分。服がほころびてます。

  2. yohko | URL | 79D/WHSg

    >はぎちゃん
    ああっ悔しい!
    気付かなかった!
    もう返却しちゃったよ~

  3. ギャー | URL | 79D/WHSg

    こんばんは&はじめまして!
    TB&コメントありがとうございます。
    プラン9・・観てしまったんですね(笑)。
    この映画の醍醐味はなんといっても主役が死亡してしまったことによる意味のないホームビデオの使いまわしでしょう。
    きっと観れば観るほど発見があるとは思いますけど、なかなか貴重な時間を費やしてそれをする勇気がわかないです。
    もし未見でしたら是非「チュパカブラ」・プロジェクト」も観て下さい。笑えますよ。
    これからも「クズ映画推進委員会」をよろしくお願いします。

  4. yohko | URL | 79D/WHSg

    >ギャーさん
    コメントありがとうございます。
    おススメの『チュパカブラ・プロジェクト』、是非観ようと思います。
    こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moviefreak777.blog97.fc2.com/tb.php/191-4aa9e038
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。